hodocc

About hodocc

イワモトミチコ 1964 東京生まれ アパレル、インテリア、雑貨・・・興味ある業界に勤め、出産を期に退社 2004 母の影響で日本の古裂に魅せられ、子育ての傍ら、独学で服を作り出す 2005~ 主に自主企画展にて販売      2007~2009 仕事の幅に限界を感じ、縫製とパターンの教室(佐藤喜美恵プロソーイング)へ3年間通う 2009~ グループ展やご縁のあったギャラリー様の展示会にてぼちぼち販売

ハイ継いで

袋にたまった麻布のハギレ。あるある。ある程度の大きさがあればバックなど小物にしたりしています。それにも足りないハギレ達、つなぎ合わせてみますか。所々に古布のハギレ、入れ込んで。おおざっぱに置いてみる。曲がったハギレは真っ直ぐカット、あぁ~ちょび~っと足りないっ、ハイ継いで。大体決まったらミシンで縫う。縫ったら広げて、また置いてみる。型紙におさまるかな?遠目から見る、バランスいいかな?よかったらハイ継いで繋いで・・・一発で決まる時もあれば、コチャコチャ考え過ぎちゃう時もある。その繰り返し。立ったり座ったりしゃがんだり。思い切ってカットしたり考えたり。どんなベストができますでしょ~か!

By |1月 18th, 2018|hodocc|0 Comments

控えめなラベル

ジャムだってお茶だってそこら中に売ってるけど。手間暇かけて作ったり、手間暇かけて手に入れたりしたものは、受け手の気持ち、全然違うな~。手間と時間がかかったモノには ”真心” という見えないラベルがぺたんと貼られている気がします、控えめに。まして手間暇かけてくれた人から直接ですと、なおさらです。私も手間暇かけて作った服を直接届けて、控えめなラベルを感じてもらえたら・・・本当に嬉しいです。

 

By |1月 14th, 2018|見たり聞いたり思ったり|0 Comments

成人式の日

娘が私の着物で、今日成人式へ出かけて行きました。30年余り前、自分が選んで成人式へ着て行った着物。ピンクや黄色の優しい色目の多い中、絶対紺がいい!と呉服屋さんで動かなかったことを思い出します。”あんたは小さい頃から紺”と母がよく言っていたな~。小学校へ上がる時に選んだのも、紺のワンピース。地味だったな~。そうか、今飽きずに藍の布を使えるのは、生まれつき?かな?それにしても、30年も前のモノが変わらず着れてしまう着物のスゴさとか、精一杯着物を用意してくれた親とか、無事ハタチになった娘とか、着物をたたみながらツラツラ想うのでありました。

By |1月 8th, 2018|見たり聞いたり思ったり|0 Comments

今年も願いは、、、

2018 はじまりました。今年はどんな一年になりますやら。おみくじは吉。願いは、、、家内安全と家族や友達の心身共に健康第一。毎日一生懸命、ときどき抜いて。夜は”今日も一日頑張ったっ!”と一声発してコトンと寝る。そんな一年になりますように。今年もよろしくお願いいたします。

By |1月 7th, 2018|見たり聞いたり思ったり|0 Comments

鬼が笑う

先月末、今年の展示が終わって、2週間ばかりミシンを踏まずにいます。溜まった家事や用事をやっつけ、お医者へ検診に行ったり、会いたかった人々に会い、来年の予定なんかをツラツラ考えたりしています。来年はGWに個展を予定しています。今までは古布のイメージからするとなんとなく秋の展示が多く、春夏にしたとしてもグループ展やイベント参加がほとんどでした。来年は個展、しかも3週間と長丁場。海、風、太陽、どうやって表現しましょうか、、、自分でもどんな展示になるのか不安と不安とワクワクっ!とりあえず、繭袋を洗って干しました。ああ、鬼に笑われるぅ~

By |12月 14th, 2017|hodocc|0 Comments