hodocc

About hodocc

イワモトミチコ 1964 東京生まれ アパレル、インテリア、雑貨・・・興味ある業界に勤め、出産を期に退社 2004 母の影響で日本の古裂に魅せられ、子育ての傍ら、独学で服を作り出す 2005~ 主に自主企画展にて販売      2007~2009 仕事の幅に限界を感じ、縫製とパターンの教室(佐藤喜美恵プロソーイング)へ3年間通う 2009~ グループ展やご縁のあったギャラリー様の展示会にてぼちぼち販売

酒袋のバック

問題はいかに軽くすること。酒袋でバックを作る時、気をつけていることです。酒袋はそこそこの重さがあるので裏地や間材を使うと知らぬ間に重くなってしまいます。しかも堅いから、出来るだけ手数を少なくシンプルに作らないと。肩紐はかなりしっかりした藍の半帯の古布。手持ち用のハンドル、止める用の紐は牛革。強度がかかるところは丈夫に。そして使い勝手良く。

By |5月 16th, 2019|hodocc|0 Comments

ペアパンツ

昨秋に展示させていただいたトライギャラリーさん、その時撮った一番好きな写真です。ペアでお求めいただいたパンツ(半纏のスリムパンツ)・・・着こなしにうっとりしてしまいます。星に魅せられたダンナさま、奥様を連れて夜空に飛んで行ってしまいそうです!なんて素敵。

気になる展示をいつもなさっているトライギャラリー、先日もひょっこり伺いました。扉を開けダンナさまと目が合うなり”今日たまたまこのパンツを着ていたら、注文入ったよ!”って!今日?!なんてタイムリー!ありがとうございます。なにより普段着て下さって、本当に嬉しいです。感謝いたします。

次回展示は2020年3月です。

By |4月 17th, 2019|hodocc|0 Comments

なんぼか

悩んでも、迷っても、失敗しても、とりあえず手を動かし続けてみる。止めなきゃ”何歩か”進んでる。

By |4月 1st, 2019|hodocc|0 Comments

金継ぎ

ふと、昨年見かけた陶器の金継ぎ、思い出しました。欠けたり、割れたりした器を漆で直し、金パクで仕上げる昔ながらの修理です。傷ついた器に命を吹き込むようです。蘇った染付のお皿は金色が映えて、むしろ前より美しく見えるほどでした。最後のカフスを付ける時、藍の布に小さな穴を見つけました。裁断の時に気が付けなくて。で、どうする?ダーニングで金継ぎ、してみました。

By |3月 11th, 2019|hodocc|0 Comments

ずっと考える事

大学3年の娘、就活。自分は何が出来るのか、何がやりたいのか、何が好きなのか、自分は一体何者なのか?悶々としている様子。新卒就活って、初めて社会に出るスタート地点を探すみたい。その先はやりがいのある道が広がっていて欲しい。3月解禁とか時期が決まっていて、その波に乗らないとなんとんく心配になったりするけど。長い人生、この出発点で真剣に考えるのは大事かな。先々いろいろ変わっていくけど。コトある毎にずっと考える事。

By |2月 9th, 2019|見たり聞いたり思ったり|0 Comments